Governance - UWCISAK JP

運営組織

理事

小林 りん

代表理事
経団連からの全額奨学金をうけて、カナダの全寮制インターナショナルスクールに留学した経験を持つ。その原体験から、大学では開発経済を学び、前職では国連児童基金(UNICEF)のプログラムオフィサーとしてフィリピンに駐在、ストリートチルドレンの非公式教育に携わる。2007年に発起人代表の谷家衛氏と出会い、学校設立をライフワークとすることを決意、2008年8月に帰国。1993年国際バカロレアディプロマ取得、1998年東京大学経済学部卒、2005年スタンフォード大学国際教育政策学修士。2012年 世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダーズ」、2013年 日経ビジネス「チェンジメーカー・オブ・ザ・イヤー」、2014年 日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー 2015」、2016年 財界「経営者賞」、2017年 イエール大学 「イエール・グリーンバーグ・ワールド・フェロー」、2018年 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事​、2019年 Ernst & Young「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2019ジャパン 大賞」、2020年 ユナイテッド・ワールド・カレッジ (UWC) 国際理事。

谷家 衛

発起人代表

あすかホールディングス株式会社 代表取締役会長として活躍する傍ら、時代に必要とされる新たなニーズをかたちにすることをライフワークとしている。ソロモン・ブラザーズでは、アジア最年少のマネジングディレクターに就任しアジアの投資部門を統括。その後日本で先駆けの独立系オルタナティブ運用会社であるあすかアセットやマーキュリアやD4Vを立ち上げた。主な実績に、日本ではじめてのオンライン生命保険(ライフネット生命)の立ち上げや、いち早くヨガに注目してその普及に貢献したこと(スタジオヨギー)、日本初のロボアドバイザリーお金のデザインなどがある。二児の父親として、また実業家として、2005年頃から本学校の開校を着想する。1983年灘高校、1987年東大法学部卒。

ロデリック・ジェミソン

校長

カリフォルニア州サンディエゴの有名私立高校で校長を務め、在職中は教育プログラム改革、資金調達、財務、大学受験対策、マーケティングなど高校運営に関する全ての業務にリーダーシップを発揮し、実績を出してきた。2013年7月に夫人と一人娘と共に日本に移住し、ISAK立ち上げに全力を注ぐ。

居松 秀浩

京都大学大学院工学研究科修了。ゴールドマンサックス証券会社入社後、モルガンスタンレー証券会社を経て、現在、香港をベースにゴールドマンサックス証券会社にて、グローバル金利トレーディング共同統括、兼 アジアパシフィック債券為替コモディティ共同統括。

小柴 正浩

大和証券、大和投資顧問、ドイチェ・モルガングレンフェル(ドイチェ・アセット・マネージメント)を経て、2000年に投資顧問会社を設立。2004年にはファンドのインキュベーション・プラットホームを提供する会社として、ユナイテッド・マネージャーズ・ジャパン(株)を設立し、以来代表取締役社長として現在に至る。主に国内外の機関投資家や大学の基金等に投資機会を提供し、自らも日本株ファンドを運用。1990年以来、長年現役ファンドマネジャーを続けている。ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京委員会委員。同志社大学法学部卒業。

ポール・マクナーニ

マッキンゼー・アンド・カンパニーへ2002年に入社、現在シニア・パートナー。マッキンゼー・アナリティクスのアジア太平洋のリーダーを務める。1997年から2002年まで株式会社リクルートで事業開発とベンチャー投資を担当。1997年京都大学法学部卒。オーストラリア出身で、日本に25年以上在住。

蓑田 秀策

2007年に株式会社KKRジャパン入社、代表取締役社長、会長。KKR入社前はみずほコーポレート銀行の常務執行役員としてグローバル投資銀行グループを統括、経営会議メンバー。1998年から2003年までは日本興業銀行、みずほコーポレート銀行のシンジケーション部長として日本のシンジケートローン市場の発展を主導し、2003年から2005年まで日本ローン債権市場協会(JSLA)会長を務めた。2011年6月から2013年6月まで日本プライベート・エクイティ協会会長。2014年12月に株式会社KKRジャパン代表取締役会長退任。2015年4月、株式会社オプトホールディング取締役就任。現在、一般財団法人100万人のクラシックライブ代表理事、株式会社東横イン取締役、経済同友会幹事も務める。

山岸 広太郎

2015年12月、慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)の設立と同時に代表取締役社長に就任。KII以前は、日経BP編集記者、CNET Japan編集長を経て、グリーを共同創業。10年間、同社の副社長として事業部門などを統括(現在は非常勤取締役)。慶應義塾大学経済学部卒。

山本 公哉

オープンロードアソシエイツ株式会社代表取締役社長、フラー株式会社取締役会長。1991年に三井石油化学工業株式会社(現三井化学)に入社後、ベンチャー2社を設立。2006年から8年間、株式会社朝日ネット代表取締役社長。同社を東京証券取引所第一部上場へと導く。同社の経営戦略がハーバードビジネススクールのケースとなる。立教大学社会学部観光学科卒業。Thunderbird School of Global Management at Arizona State University MBA。経済同友会会員。

名誉アドバイザー

高円宮妃久子殿下

評議員

内山 幸樹
河野 宏子
小泉 洋二朗
ゴヴァース健二
小柴 正浩
小林 りん
佐藤 茂
ロドリック・ジェミソン
篠田真貴子
島田 亨
エアン・ショー
​​高松 則雄
田中 将太郎
谷家 衛
畠山 康
ジェニファー・パドック
林 秀彦
本庄 竜介
本多 均
マニヤン 麻里子
蓑田 秀策
三宅 卓
トーマス・ミラー
柳沢 正和
山本 公哉
シャーロット・ユー
吉田 俊明
分林 保弘

アドバイザー

議長:出井 伸之(クオンタムリープ株式会社 代表取締役 ファウンダー&CEO、元ソニー 会長)

アドバイザー:

北城 恪太郎(日本アイ・ビー・エム株式元会社 名誉相談役、社団法人経済同友会 終身幹事 、学校法人国際基督教大学理事長)

エアン・ショー(Qualgro、マネージング・パートナー)

​川村 隆​(東京電力ホールディングス株式会社 取締役会長、日立製作所 元​名誉会長)

鈴木 寛(慶應義塾大学大学院教授、東京大学公共政策大学院教授)

立石 文雄(オムロン株式会社 取締役会長 経済同友会 元幹事)

デイビッド・チャオ(DCM 共同創業者、サッチャー・スクール 評議員)

長谷川 閑史(元武田薬品工業株式会社取締役会長、経済同友会 元代表幹事)

監事

安東 泰志(ニューホライズン キャピタル株式会社 取締役会長兼社長)

田村 直樹(スターアジア・マネジメント・ジャパン・リミテッド 東京支店、チーフ コンプライアンス オフィサー)

細川 兼嗣(モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所 パートナー)

カリキュラム認定

文部科学省(MEXT)

mext-logo-web

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンは、文部科学省認定の高等学校(学校教育法第1条校)です。日本の文部科学省(MEXT)により国際バカロレア・ディプロマ・プログラム認定校における教育課程の基準の特例を受けている他は、原則として学習指導要領に準拠したカリキュラムを実施しています。卒業時は、国際バカロレアディプロマのみならず、日本の高等学校卒業資格を取得できます。

国際バカロレア機構

uwc-isak-about-us-governance-ibdp-logo

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンは、国際バカロレア機構により認定され、高校2-3年生において、2年間の国際バカロレア・ディプロマ・プログラム(IBDP)を行う国際バカロレア(IB)認定校です。

カリキュラム認定

mext-logo-web

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンは、文部科学省認定の高等学校(学校教育法第1条校)です。日本の文部科学省(MEXT)により国際バカロレア・ディプロマ・プログラム認定校における教育課程の基準の特例を受けている他は、原則として学習指導要領に準拠したカリキュラムを実施しています。卒業時は、国際バカロレアディプロマのみならず、日本の高等学校卒業資格を取得できます。

国際バカロレア機構

uwc-isak-about-us-governance-ibdp-logo

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンは、文部科学省認定の高等学校(学校教育法第1条校)です。日本の文部科学省(MEXT)により国際バカロレア・ディプロマ・プログラム認定校における教育課程の基準の特例を受けている他は、原則として学習指導要領に準拠したカリキュラムを実施しています。卒業時は、国際バカロレアディプロマのみならず、日本の高等学校卒業資格を取得できます。

アニュアル・
レポート

2018-2019年度のアニュアル・レポートをご覧になるには、こちらをクリックしてください。

ポリシーとハンドブック

本校のポリシーおよびハンドブックをご覧になるには、こちらのリンクをクリックしてください。

ポリシーとハンドブック

本校のポリシーおよびハンドブックをご覧になるには、こちらのリンクをクリックしてください。

ニュースレター を受け取る

本校の最新のお知らせやイベントに関する情報をお届けします

Privacy Policy
Copyright © UWC ISAK Japan

お問い合わせ

お問い合わせやご質問はこちらから

Scroll to Top