10周年記念

What is Important in Ms. Chien’s Classroom

YaLing※英文のあとに和文を掲載していますので、スクロールしてお読みください。

We asked ISAK’s Chinese teacher, Ms. Chien, to talk about her unique approach to teaching at ISAK.

“I feel lucky that I can work with a smaller group of students at ISAK, because it enables me to give more autonomy to students in class. As a result, they can lead themselves and have ownership of their classes.

In my classes, I tell the students to think about what is best for their learning and to do the best for themselves. With this in mind, students begin to think, research and practice – which makes every opportunity to learn different for all of them. Thinking, researching and practicing are the kind of skills I want the students to gain by the time they graduate from ISAK. Not only the knowledge they learn in class, but the ability to research something on their own, using their own methods. I hope they become more confident and feel, ‘I can find it myself’.

What is most important for me is that I want students to know I am approachable. I’m right there, next to the students, to help them in their efforts toward a destination.”

If you are interested in learning more about Ms. Ya-Ling Chien from Taiwan, Chinese teacher at ISAK, please visit our Staff Directory page.

和文は投稿下部をご覧ください

チェン先生への質問:ご自身の教え方のどんなところがユニークだと思いますか?
「私は、ISAKで少人数制のクラスを教えることができるのがラッキーだと思っています。なぜなら、そのおかげで授業のなかで生徒たちにより主体性を持ってもらう機会を与えられるからです。結果、生徒たちは自分に対してリーダーシップを発揮し、授業を「自分ごと」として考えられるようになります。私の授業では、生徒たちに、自分の学びにとって何がベストなのかを考え、最善を尽くしなさいと伝えています。
そうすると生徒たちは、自ら考え、リサーチし、行動するようになり、すべての学習機会において、一人一人違った学びを得られるようになります。これはまさに、彼らが卒業するまでに身につけてほしいスキルなんです。授業中に得る知識だけでなく、自ら何かをリサーチする力が大事です。私は彼らがもっと自信をもって、「自分で見つけることができるんだ」と感じてほしいと願っています。
そして何より私にとって大事なのは、生徒たちが私を親しみやすい存在だと思ってくれることです。私はいつも生徒たちのそばにいて、彼らが自分たちの目的に向かって前進することを助けたいのです。」
ISAKの中国語教員(台湾出身)ヤーリン・チェン先生ついてもっと知りたい方は、ウェブサイトをご覧ください!https://uwcisak.jp/jp/about/staff-directory/

もっと見る
検索
Close this search box.