Apply - UWCISAK JP

サマースクール応募方法

応募日程

スケジュール A
(日本に在住している者)
スケジュール B
(日本に在住していない者)
  • 2019年9月30日:

    応募開始

  • 2019年11月30日:

    応募締切

  • 2019年12月中旬:

    合格通知

  • 2019年12月中旬:

    合格通知

  • 2020年7月18日:

    サマースクール開始

サマースクール応募について

ステップ 1: サマースクール応募資格の確認

応募するには、以下の出願資格を満たすことが必要です:

  1. 2020年7月15日の時点で、中学2、3年生の学生であること。

かつ

  1. 2020年 (8月入学) の高等学校に出願していないこと。

まだ上記の年齢に達していない方は、事前登録 いただけましたら、今後のサマースクールの応募情報についてご案内いたします。

ステップ 2: 応募書類の提出

応募に必要な提出物:

  1. 応募書類
  2. 録画ビデオ (下記の説明をご確認下さい)
  3. 受験料4千円(返金不可)

学資援助をお申し込みの方へ:
学資援助をお申し込みの方は、応募画面の「学資援助フォーム (Financial Assistance Request Form) 」を提出してください。

ステップ 3: ビデオを制作する

英語での自己アピール動画 (3-5分間) を、ビデオカメラ、スマートフォン、タブレット等で撮影してください。あなた自身について自由な発想で教えてください。(例:自己紹介、あなたの出身地や居住地、応募動機など)

※詳細は応募画面ををご覧ください。もしあなたの居住国で、動画を撮影・アップロードすることが困難な場合は summer@uwcisak.jp までご相談ください。

サマースクール FAQ

お申し込みについて

説明会に参加していませんが、応募できますか。

はい、説明会に参加されていない方でもご応募いただけます。ご応募の際は、募集要項と応募書類をよくお読みください。

サマースクールの対象年齢と学年を教えてください。

2020年7月15日の時点で、中学2、3年生の学生が対象です。

日本語版の応募書類はありますか。

海外居住の方は英語版のみ、日本居住の方は英語版 または 日本語版にてご応募いただけます。

応募締め切りはいつですか。

今年のサマースクールは、2種類の締め切りがあります。

サマースクール2020 スケジュール A (日本居住の学生)

締め切り: 2020年1月15日

サマースクール2020 スケジュール B (日本に居住していない学生)

締め切り: 2019年11月30日

英語力について

サマースクールへの参加にあたって、どの程度の英語力が求められますか。

サマースクールは英語で実施されます。参加に必要とされる英語力は以下を目安にしています。

  • 英語での授業を理解することができ、また英語でのディスカッションに積極的に参加できること
  • 英語環境で頑張ろうと努力する意思を持っていること
  • 仮に英語力が多少不足していたとしても、何らかの形でプログラム全体に貢献するポテンシャルがあること

選考について

合格者の枠は、それぞれの学年ごとに設けられているのでしょうか。

学年別による合格枠は設けておりません。但し、一学年に大きく傾きがないよう、応募状況等のバランスを見ながら人数を調整しています。

合格者の枠は、国別に枠が設定されているのでしょうか。

国ごとの合格枠は設けていませんが、個人の素質とプログラム参加者の多様性確保の観点から、総合的に判断しています。

面接はありますか。

面接はありません。

授業料補助制度について

サマースクールに学資補助はありますか。

申込時にご記入ください(審査の上、確定させていただきます)。

サマースクール期間中に関して

部活の予定があるため、途中からの参加でもよろしいでしょうか。

プログラム期間の途中からの参加、途中までの参加はご遠慮いただいています。

見学に行くことは可能でしょうか。

保護者の方にご見学いただける日を設けています。

現地集合・現地解散でしょうか。

基本的に現地集合・現地解散ですが、毎年、東京・成田でそれぞれ集合し、大型バスで軽井沢キャンパスに向かう便を用意しています。

クラス分けはどのようにされますか。

生徒さんの出身国や男女比、性格などのバランスを考慮しています。

男女比について教えてください。

基本的に半数ずつになるように選考いたしますが、毎年若干変動しています。

寮の施設に関して教えて下さい。

寮施設は幾つかの棟を繋げた造りで、各棟に玄関が設置されています。男子寮と女子寮に別れ、各寮には約12~18名の生徒が住めるスペースがあり、2人部屋と4人部屋に分かれます。リビングルーム/セミナースペースとしての共有スペースは、生徒達が共に勉強したり、リラックスできるスペースとして活用できます。
サマースクール中、生徒は男女別の棟にそれぞれ滞在します。また、同じ寮内に大学生カウンセラーが滞在し、一緒に生活します。

部屋割りはどのようにして行われるのでしょうか。どのようなオプションがあるのでしょうか。また一人部屋などはあるのでしょうか。

寮は男子寮、女子寮と分かれています。部屋割りはなるべく様々な年齢、学年、国籍の生徒が混在するように選んでいます。共に生活することによる異文化交流を推進しているため、生徒に一人部屋が提供されることはありません。部屋割りによって、最大3名のルームメイトと寝食を共にします。

食事に関して教えて下さい。ベジタリアンやハラルなど、特別なメニューなど準備していただけるのでしょうか。

生徒の食事は校舎にあるカフェテリア(食堂)で毎日3食提供されます。カフェテリアの運営は外部の業者に委託しています。地元の食材をふんだんに使ったヘルシーで美味しいメニューを多くの日本国内のインターナショナルスクールのカフェテリアで提供しており、生徒の多様なニーズに対応してきた実績も持っています。ベジタリアン、宗教上や健康上の食事制限にも別メニューで対応しています。

病気や怪我の場合の対応は、どうなっていますか。

キャンパスから車で約10分のところに軽井沢病院やクリニックがあり、生徒が体調不良を起こした場合は常駐しているスタッフが病院にお連れします。また、車で約30分のところに浅間総合病院や佐久総合病院もあり、医療施設は充実した環境です。

自分のコンピューターやiPadを持ち込む必要はありますか。

いいえ。コンピューターやiPadの持ち込みはお願いしておりません。サマースクール期間中は、本校の提供するコンピューターを使って、ご家族やお友だちとご連絡を取って頂けます。

お金はどのくらい持たせたほうがよいでしょうか。

サマースクール期間中、ショッピングに出かけたり、キャンパスでお金を使ったりする機会はありません。

お小遣いは必要ですか。

いいえ、お小遣いを持ってくる必要はありません。すべての活動がサマースクールの費用に含まれていますので、期間中に買いものの機会はありません。

uwc-isak-summer-school-apply-faq

ニュースレター を受け取る

本校の最新のお知らせやイベントに関する情報をお届けします

Privacy Policy
Copyright © UWC ISAK Japan

お問い合わせ

お問い合わせやご質問はこちらから

Welcome to our new beta site! 

Scroll to Top