News & Events Archives - UWCISAK JP

News & Events

教育の多様性 – 今の私にできること

皆さんこんにちは! ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンの渡邊眞雪(高校3年生/G12年生)です。

私はUWC ISAKに来る前まで、ずっと公立の小学校・中学校に通っていましたが、ここに来て初めて、世界にはこれまで自分が知らなかった教育の形があるのだと実感しました。UWC ISAKは生徒たちの自主性を重んじ、生徒によるさまざまな活動の自治を奨励しています。自分たちでやりたいと思うことをみずから行動に移していくことで、失敗もたくさんありますが、周りの方に支えられ、成功以上に人生において大切なことを学校生活で学んでいるな、と思います。この学校に入り、全く新しい教育を受けていく中で、教育の大切さをつくづく感じます。 それと同時に、ここで私が体験している教育も、世界に存在している様々な教育の1つにすぎないということ、そしてそれがたまたま私の個性と興味に適していた教育であったのだと思うに至りました。そこから私は、一人一人の個性に適した教育が世の中にもっと存在するのではないか? と考えるようになりました。 

いま、私は教育系イベント「JK主催! 大人も気付いて 凸凹高校生たちの主張  ~個性が輝く教育探し~」を10月17日に企画しています。このイベントでは、それぞれ4つの教育のスタイルでご活躍されている教育界のレジェンドをお招きしてパネルディスカッションを行ったり、日本の高校生たちが自分たちの考える教育についてプレゼンを行ったりする予定です。高校生の立場から、普段はなかなか大人に対して言えないような本音も、思い切って発表できるような場も作っていこうと思っています。

ご興味ご関心のある方は、この下のリンクから詳細にアクセスいただけます。

https://asuiku-wakuiku-education.peatix.com/view

ここで、なぜ私がこのようなイベントを企画するに至ったか、その経緯についてもうすこし詳しくご共有させていただけたら嬉しいです。

私が教育に興味を持つようになったきっかけの1つは、発達障害です。じっと座って授業を聞くという授業スタイルが個人的にどうしても合わなかった私は、別の学習アプローチを求めて、地元の新潟県から長野県にあるUWC ISAKへ飛び出しました。この学校では、周囲の仲間たちと共に働き、協力やサポートをし合いながら、自分たちの興味をベースにしてプロジェクトを立ち上げることが、とても奨励されています。主体的にプロジェクトに取り組み、自分たちで考え、物事を進めていく。そのような自発的な行動をフルにサポートしてくれるこの教育スタイルは、私にとっても適していて、何より「学ぶ」ということが 「ワクワクする!」と、初めて感じられるようになりました。

「学ぶ」って、本来ワクワクすることだと思うんです。人は得意なことがあれば、不得意なこともあり、みんなが凸凹なのではないか? と私は考えています。そして、その凸凹であることが個性であり、多様性につながるのだと信じています。「一人一人にあった教育」というのは、その凸凹を一つの「色」として、長所として伸ばしていける教育だと思います。私は、その中に入っていくことで、子供たちの未来の可能性を飛躍的に広げていけると信じています。凸凹を一つの「色」として、「個性」を長所として伸ばしていくこと。そして、一人一人に寄り添った、ワクワクを喚起するような教育、自分がチャレンジしたいことを伸ばしていけるような教育が、それぞれの子どもの秘めた力の扉を開く鍵になるのではないでしょうか。

なかなか恥ずかしくて言いにくい事ではあるのですが、このイベントをきっかけに親子の間で話し合いが生まれたり、将来を考える際のきっかけが生まれてくれたらいいな、と心から願っています。

read more »

Pakistani boy With mustache wearing a traditional japanese yukata and smiling during a summer festival or natsu matsuri

Surprise Summer Festival

Community Holds Surprise Summer Festival

No summer in Japan would be complete without a festival (“Natsu Matsuri” in Japanese). But in a post-pandemic world, sacrifices have been made and public gatherings have never been less-in-vogue. So, for those students on

read more »

日本人生徒による非公式ブログのご紹介

Written By Yuina (Class of 2021, Japan)

こんにちは。ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンの久我優衣奈(高校3年生/12年生)です。

ISAKの友人と共にAmebaで「UWC ISAK 生活日記」と言うブログを運営しているので、そちらを見てくださっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まず初めに、「UWC ISAK 生活日記」をご覧になったことがない方に、簡単に説明させていただきます。「UWC ISAK 生活日記」は、本校の日本人生徒によって運営されている非公式ブログです。UWC ISAKについて、授業・寮生活・部活動・アウトドアなどの視点から、幅広くカバーしています。食堂の食事や週末の過ごし方、外国人生徒のインタビュー等、学校のウェブサイトでは中々見つけることのできない内容の記事は特に人気があります。受験期には「応援企画」と称してエッセイの書き方や面接についての実践的な対策を紹介したり、時には「放課後、空を見上げて思ったこと」のような日常の様子を呟いたり。この類の投稿は、特にそれぞれの執筆者の個性が色濃く出ていて面白く、私のお気に入りです。また、文体や表現からも、日本人と言う小さなグループにも存在する多様性を感じていただけるのかなと思います。こう言った特に目的のないことも思いのまま書けるのは非公式ブログだからこそだと感じており、学校のサポートにはとても感謝しています。

 

私が「UWC ISAK 生活日記」を始めたのは、10年生が始まったばかりの8月の下旬。当時ルームメイトだった日本人の同級生に誘われたことがきっかけでした。それまで私はSNSを使ったことがなく、ブログを書くと言うのは初めての挑戦だったため、相手のリアクションが見えないことに対する不安もありました。情報が少ない分、私の一言が実際とは異なる印象を与えてしまう可能性も考えると、責任の重さを感じたり。

普段、学生が受験する学校を選ぶ時、口コミ、また偏差値や進学実績のような数値的なものに頼ることも多いと思います。けれど私の受験当時、新設校だったUWC ISAKには、学校のウェブサイト以外ほとんど情報がありませんでした。そのため、ISAKで勉強している自分を具体的に思い描くことが難しく、受験は手探りでした。当時UWC ISAKに関するブログを日々探していた自分を思い出して、やはりより多くの人に本校を知って、受験に挑戦して欲しいと言う思いで、友人の誘いを受けました。

そうしてブログを書いていくうち、初めは一桁だった閲覧者数が次第に二桁になり、三桁になり、次第に不安も減っていきました。同時に質問やコメントもいただけるようになり、軽井沢にいても全国の人と繋がれているのだなと実感するようになると、更新速度も自然と上がっていきました。新入生に「ブログ読んでたよ!」と言ってもらったり、ブログで紹介したイベントに参加してくださった方々と仲良くなったり。このブログがなければUWC ISAKを受験したり、イベントに参加することのなかった人たちに会うことができ、あの時ブログを始めてよかったなと思っています。また、誘ってくれた友人には、とても感謝しています。

勉強や課外活動が忙しくなってくると、中々、「ブログを書こう!」と言う気力が上がってこないこともあります。企画を始めて、中途半端に終わらせてしまったり、気がついたら紹介するはずだったイベントの締め切りギリギリになっていたり、、、。けれど気づけば残り少ないUWC ISAKでの日々を、友人とともに、ブログという形に残しておきたいなと思います。そしてそれを読んで、1人でも私たちの学校に興味を持ってくださる人が現れるなら、これ以上嬉しいことはありません。

 

read more »

Dr. Mandy Finds a New Formula for Success

Dr. Mandy Heddle (or “Dr. Mandy,” as she is affectionately referred to on campus) is an optimist. She certainly recognizes the global pandemic for what it is—a crisis—but rather than looking at the obstacle of having many students learning from

read more »

How a Digital Native Does Remote Teaching

Adam Atkin has a background in mechanical engineering and mathematics and joined UWC ISAK Japan after a successful period at UWC Mostar in Bosnia and Herzegovina. Amongst an already youthful faculty, Adam is one of our youngest members and his

read more »

ニュースレター を受け取る

本校の最新のお知らせやイベントに関する情報をお届けします

Privacy Policy
Copyright © UWC ISAK Japan

お問い合わせ

お問い合わせやご質問はこちらから

出願を開始する                 オンライン オープンキャンパス

ご視聴には、オンライン オープンキャンパスのいずれかの日程へご登録が必要です。ご登録後、本校からご確認のメッセージをお送りさせていただきますので、そこからご視聴いただけます。

オンライン オープン

キャンパスへ登録する

出願を開始する

High School Application

Want to learn more about our high school programs?

NOW OPEN

Scroll to Top