Outdoor Educaton - UWCISAK JP

野外教育

野外教育について

野外教育はユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンの教育課程の中心的なプログラムの一つです。本校の野外教育では、さまざまなアクティビティを通じた実践的な学びを得ながら、美しい自然と触れ合い、楽しむ機会を提供していきます。

本校では全学年を通して野外教育クラスや季節ごとに企画される全員参加のクラス旅行(秋期:ハイキング、冬期:スキー&スノーボード、春期:ロッククライミング&ボルダリング)を実施しています。また、アウトドアのスキルアップを目指したい生徒や、キャンプ、マウンテンバイク、カヤック、アイススケート、スノシューといった各種アクティビティに挑戦してみたいという生徒に向けた自由参加の週末イベントのほか、長期休暇中には伊豆半島、富士山、日本海沿岸などを訪れる宿泊研修も開催しています。

Mount Asama Hike Outdoor Education
uwc-isak-high-school-outdoor-education-mission

野外教育のミッション

UWC ISAKの野外教育のミッションは、仲間を思いやるインクルーシブで楽しいアウトドアのアクティビティを提供しながら、サステナビリティを推進することです。活動を通して、生徒たちの責任感やレジリエンス(困難な状況でも適応する能力)、人や自然を敬う気持ちを養います。さらに自然とのつながりを持つことは、環境に対する責任や、心身や社会の健康に関する意識を深めるきっかけにもなります。生徒たちはさまざまなアクティビティに取り組む課程で、技術的なスキルをはじめ、チームワークや自己管理、実践的なライフスキルを身につけるとともに、自分自身を見つめ直していきます。

また野外教育は幅広いレベルの生徒が参加できるよう、「Red(赤)」「Blue(青)」「Green(緑)」「White(白)」の4クラスに分かれて行います。一例として、「Red」では、長距離や急勾配、ぬかるみや岩場などの険しいトレイルなどを経験し心身を鍛える一日もしくは一泊のコース、「White」では苔森や寺社をはじめとする名所をめぐり自然や文化を楽しむコースがあります。

野外教育のリーダー達

野外教育プログラムは生徒達にとってリーダーシップを学び野外教育リーダーとして活躍できる機会でもあります。野外教育リーダーは高校2年次(Grade11)と高校3年次(Grade 12)の生徒から募集を行います。高校1年次(Grade 10)の生徒に関しては、野外教育プログラムへの参加が求められますが、リーダーの応募は高校2年次からとなります。

野外教育リーダーは冒険好きで、人と協力して物事を進めることができ、エネルギッシュでアウトドアや環境問題に強い関心のある生徒にぴったりの役割です。野外教育リーダーになると、コーディネーターと一緒に「野外教育リーダーシップチーム」として本校の野外教育プログラムの企画や実施に携わることができます。「野外教育リーダーシップチーム」は週に一度ミーティングを開催し、各種ツアーの検討・見直し・フィードバックの回収・総括を行います。さらに野外教育プログラムに関する課題の話し合いの実施、ツアーの主催または共催、その他、年間を通してプログラムの改善や活動の効率化にも取り組みます。

なお、野外教育リーダーには、リーダーシップスキル習得の一環として、野外災害救急法トレーニング(Wilderness First Aid Training)やリスク評価ワークショップ、リーダーシップ合宿などの研修プログラムを用意しています。

Outdoor Education leaders snowshoeing

画像の上にマウスを移動させると詳細をご覧いただけます。

  • スキー

    スキーの基本スキル:スタンス(足幅)、速度の調節、ターン、止まり方、リフトの乗り降り、スキーのエチケット

  • カヤック&ラフティング

    カヤックの基本スキル:乗り降りの方法、パドリング(前進漕ぎ・後退漕ぎ・横漕ぎ)、方向転換、止まり方、持ち上げ・運搬・水抜き方法、水難事故防止についての情報)

  • ハイキング

    ハイキングの基本スキル:「Leave No Trace」(米国連邦森林局と全米野外指導者学校が開発した環境への影響を最小限に止めてアウトドアを楽しむための環境倫理プログラム)、地図の読み方とルート確認、必需品キット、テントの設営法

  • サイクリング

    サイクリングの基本スキル:道路の安全についての情報、ギアとブレーキの使い方、速度の調節、アップヒルとダウンヒルの走行法、ハンドサイン、サイクリング・エチケット

  • ロッククライミング

    ロッククライミングの基本スキル:クライミングのテクニック、ビレイ・テクニック、クライマー・ビレイヤー・バックアップビレイヤーとのコミュニケーション、安全ルール

  • スノーシュー

    スノーシューの基本スキル:スノーシューの装着方法、歩き方(登り方、横歩き、キックステップ)、ラッセルワーク、冬山の必需品キット

  • アイススケート

    アイススケートの基本スキル:立ち方、バランスと方向コントロール、止まり方、グライディング、ひょうたん滑り(スウィズル)、ウィグル、転び方と立ち上がり方

  • サーフィン

    サーフィンの基本スキル:ボードの上の体勢、波の上での体勢、パドリング、テイクオフ、バランスの取り方、波の乗り方、海の安全情報

  • 「White」クラスのアクティビティ

    「White」クラスでは、自然と親しみながら日本を体験したい生徒向けに難易度の低いアクティビティを行います。

野外教育について

野外教育はユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンの教育課程の中心的なプログラムの一つです。本校の野外教育では、さまざまなアクティビティを通じた実践的な学びを得ながら、美しい自然と触れ合い、楽しむ機会を提供していきます。

本校では全学年を通して野外教育クラスや季節ごとに企画される全員参加のクラス旅行(秋期:ハイキング、冬期:スキー&スノーボード、春期:ロッククライミング&ボルダリング)を実施しています。また、アウトドアのスキルアップを目指したい生徒や、キャンプ、マウンテンバイク、カヤック、アイススケート、スノシューといった各種アクティビティに挑戦してみたいという生徒に向けた自由参加の週末イベントのほか、長期休暇中には伊豆半島、富士山、日本海沿岸などを訪れる宿泊研修も開催しています。

Mount Asama Hike Outdoor Education

野外教育のミッション

UWC ISAKの野外教育のミッションは、仲間を思いやるインクルーシブで楽しいアウトドアのアクティビティを提供しながら、サステナビリティを推進することです。活動を通して、生徒たちの責任感やレジリエンス(困難な状況でも適応する能力)、人や自然を敬う気持ちを養います。さらに自然とのつながりを持つことは、環境に対する責任や、心身や社会の健康に関する意識を深めるきっかけにもなります。生徒たちはさまざまなアクティビティに取り組む課程で、技術的なスキルをはじめ、チームワークや自己管理、実践的なライフスキルを身につけるとともに、自分自身を見つめ直していきます。

また野外教育は幅広いレベルの生徒が参加できるよう、「Red(赤)」「Blue(青)」「Green(緑)」「White(白)」の4クラスに分かれて行います。一例として、「Red」では、長距離や急勾配、ぬかるみや岩場などの険しいトレイルなどを経験し心身を鍛える一日もしくは一泊のコース、「White」では苔森や寺社をはじめとする名所をめぐり自然や文化を楽しむコースがあります。

野外教育のリーダー達

野外教育プログラムは生徒達にとってリーダーシップを学び野外教育リーダーとして活躍できる機会でもあります。野外教育リーダーは高校2年次(Grade11)と高校3年次(Grade 12)の生徒から募集を行います。高校1年次(Grade 10)の生徒に関しては、野外教育プログラムへの参加が求められますが、リーダーの応募は高校2年次からとなります。

野外教育リーダーは冒険好きで、人と協力して物事を進めることができ、エネルギッシュでアウトドアや環境問題に強い関心のある生徒にぴったりの役割です。野外教育リーダーになると、コーディネーターと一緒に「野外教育リーダーシップチーム」として本校の野外教育プログラムの企画や実施に携わることができます。「野外教育リーダーシップチーム」は週に一度ミーティングを開催し、各種ツアーの検討・見直し・フィードバックの回収・総括を行います。さらに野外教育プログラムに関する課題の話し合いの実施、ツアーの主催または共催、その他、年間を通してプログラムの改善や活動の効率化にも取り組みます。

なお、野外教育リーダーには、リーダーシップスキル習得の一環として、野外災害救急法トレーニング(Wilderness First Aid Training)やリスク評価ワークショップ、リーダーシップ合宿などの研修プログラムを用意しています。

画像をタップすると詳細をご覧いただけます。

  • スキー

    スキーの基本スキル:スタンス(足幅)、速度の調節、ターン、止まり方、リフトの乗り降り、スキーのエチケット

  • カヤック&ラフティング

    カヤックの基本スキル:乗り降りの方法、パドリング(前進漕ぎ・後退漕ぎ・横漕ぎ)、方向転換、止まり方、持ち上げ・運搬・水抜き方法、水難事故防止についての情報)

  • ハイキング

    ハイキングの基本スキル:「Leave No Trace」(米国連邦森林局と全米野外指導者学校が開発した環境への影響を最小限に止めてアウトドアを楽しむための環境倫理プログラム)、地図の読み方とルート確認、必需品キット、テントの設営法

  • サイクリング

    サイクリングの基本スキル:道路の安全についての情報、ギアとブレーキの使い方、速度の調節、アップヒルとダウンヒルの走行法、ハンドサイン、サイクリング・エチケット

  • ロッククライミング

    ロッククライミングの基本スキル:クライミングのテクニック、ビレイ・テクニック、クライマー・ビレイヤー・バックアップビレイヤーとのコミュニケーション、安全ルール

  • スノーシュー

    スノーシューの基本スキル:スノーシューの装着方法、歩き方(登り方、横歩き、キックステップ)、ラッセルワーク、冬山の必需品キット

  • アイススケート

    アイススケートの基本スキル:立ち方、バランスと方向コントロール、止まり方、グライディング、ひょうたん滑り(スウィズル)、ウィグル、転び方と立ち上がり方

  • サーフィン

    サーフィンの基本スキル:ボードの上の体勢、波の上での体勢、パドリング、テイクオフ、バランスの取り方、波の乗り方、海の安全情報

  • 「White」クラスのアクティビティ

    「White」クラスでは、自然と親しみながら日本を体験したい生徒向けに難易度の低いアクティビティを行います。

ニュースレター を受け取る

本校の最新のお知らせやイベントに関する情報をお届けします

Privacy Policy
Copyright © UWC ISAK Japan

お問い合わせ

お問い合わせやご質問はこちらから

本校ウェブサイトについて

ご意見をお聞かせください。

ウェブサイトの使いやすさ
に関するアンケート

29825
29826
29827
29828
Scroll to Top